ふなっしートレインに乗ってきた 2017 8/18

新京成電鉄70周年とふなっしー5周年を記念して
新京成でふなっしートレインが運行されています。

ふなっしートレインは1編成のみですが
公式ホームページで運行予定が公開されているので
簡単に遭遇できます。
この日はちょうど仕事が終わってから
見に行けそうだったので
ふなっしートレインに乗車して
ついでに三咲駅のふなっしー部屋を見に行ってきました。

ふなっしートレイン側面
職場の最寄り駅、みのり台駅から三咲駅にやってきました。
本当はみのり台駅で写真を撮っておきたかったのですが
ギリギリだったので三咲駅で下車後に撮影しました。

ふなっしーファミリーがにぎやかにラッピングされています。
登場当初は散々な言われようだったピンク車両ですが
こういったかわいい系のラッピングには合う気がします。

ふなっしー部屋
改札の外には
「ふなっしー部屋」なるものがあります。
ふなっしーと一緒に写真を撮った風になる
撮影スポットです。
他にも昔のふなっしーの写真が展示されていますが
そんなに広いスペースではありません。

松戸行きのふなっしートレインが来るまで
40分ほどありました。
その間に駅前のヤオコーで買い物をしてから
再び改札内に入って
松戸行きのふなっしートレインを待ちます。

三咲駅方面案内板3

三咲駅方面案内板2

三咲駅方面案内板1
行き先案内板にもふなっしーがいます。

三咲駅駅名標1

三咲駅駅名標2

三咲駅駅名標3
よく見ると「みさっきー」駅になっていますwww
ちょっと無理やりな気もしますがwww

三咲駅柱の駅名標1三咲駅柱の駅名標2

三咲駅柱の駅名標3三咲駅柱の駅名標4

新京成路線図1

新京成路線図2
他にもいたるところにふなっしーがいました。

平日の夜にもかかわらず
みさっきー駅の写真を撮っている人が
意外といました。
それも鉄ヲタな人ではなく
普通っぽい人です。
一時期より落ち着いたとはいえ
まだまだふなっしーの人気はあるようです。

ふなっしートレイン
帰りのふなっしートレインがやってきました。
これで八柱駅まで帰ります。

ふなっしートレイン八柱駅にて
うp主の最寄り駅
八柱駅まで帰ってきました。
こうしてみるとふなっしートレインは
やっぱり賑やかですね。

今回は流れませんでしたが
ふなっしートレインでは
ふなっしーの案内が不定期で流れるそうです。
こちらは完全に運なので
聞けるかどうかはわかりません。

新京成とふなっしーのコラボは
9月30日までです。
気になった人はお早めに
新京成に乗車してみてください。

乗車日 2017 8/18
スポンサーサイト

相模線で相模原沈殿池に行ってきた 2017 7/30

第4回ダムマニア展
相模ダムを見学し終わったのですが
せっかくフリー切符を買ったので
ここから行けそうな相模原沈殿池まで行ってみることにしました。

原当麻駅
中央線、横浜線、相模線と乗り継いで
相模線の原当麻(はらたいま)駅にやってきました。
原当麻駅は一応有人駅で
簡易suica改札機が設置されていますが
自動改札がありません。

相模線って沿線に結構住宅地があって
そこそこ栄えているように見えましたが
そんなもんなのかな?


駅からは徒歩で
相模原沈殿池に向かいます。

相模原沈殿池までの道
しばらくは住宅地でしたが
途中で公園っぽい所を登っていくのですが
何とここでうp主のdocomoのガラケーが
圏外になってしまいました・・・。
そんなに電波悪いのかな?

相模原沈殿池西側
原当麻駅から徒歩20分ほどで
相模原沈殿池の西側の堤体が見えてきました。

相模原沈殿池南側
県道52号線から見た
相模原沈殿池の南側の堤体です。
早速天端に行ってみましょう。

相模原沈殿池西側天端
残念ながら西側の天端は立ち入り禁止です。
沈殿池の周りも柵で厳重に囲まれています。

相模原沈殿池南側天端
南側の天端は普通に歩けます。
県道52号線の歩道になっているようです。

相模原沈殿池
沈殿池の様子です。
相模ダム
発電に使われた水が沼本ダム経由で
ここ相模原沈殿池にやってきて
沈殿処理が行われます。

取水塔?
取水塔っぽい建物が見えます。

相模原沈殿池の表面
沈殿池の表面はコンクリート?
で補強されています。

相模原沈殿池東側
沈殿池の東側にやってきました。
こちらは地面が高くなっているので
堤体はありません。
なんか入っちゃいけない雰囲気ですが
普通に散歩している人がいました。

相模原沈殿池北側
こちらは沈殿池の北側です。
普通の道路ですね。

通行禁止の看板
こんな看板がたくさん掲げられていましたが
この道路ってここのことなんでしょうか?
なんか地元の生活道路になっているんですけど・・・。
人も車も普通に通っています。

魚のオブジェ
なぜか工場の前に
魚のオブジェが飾られていました。

相模原沈殿事務所
事務所の入り口に到着しました。
事務所は立ち入り禁止です。
沈殿池沿いの道はここまでです。

相模原沈殿池は野鳥観察スポットとしても有名なのですが
この日は天気もいまいちだったのもあるのでしょうが
見つけることはできませんでした。

相模原沈殿池の近くには
県立相模原公園という
結構大きな公園があります。

今回うp主は原当麻駅から徒歩で行きましたが
この公園に行くバスが
相模大野駅や相模原駅から出ているので
歩きたくない人はそちらを利用するのをお勧めします。

訪問日 2017 7/30

行田市レンタサイクルで利根大堰を見てきた 2017 7/19

利根大堰
クソ暑い中武蔵水路沿いを
自転車を1時間半ほどこいで
やっとのことで利根大堰に到着しました!

レンタサイクルの返却時間も迫ってきているのですが
せっかくここまで来たので
見れるだけ見たいと思います。

利根川堤防
利根川の堤防が
果てしなく続いています。

堤防の下に降りてみます。

護床工
護床工がめちゃくちゃ広いです。

利根大堰下流側
この辺りは
海から約150kmだそうです。
この先利根川は
千葉県の銚子市まで流れていくんですね・・・。

堤防の下からの利根大堰
ここからだと
ゲートの広さがよくわかります。

ゲートの近くまで行きたいのですが
この時はちょうど工事中で通行止めになっていました。
一旦堤防の上に上がってから
ゲート近くに向かいます。

利根大堰天端
利根大堰の天端?は
県道20号線になっていて
かなり交通量が多いです。

狭いですが歩道も設置されているので
徒歩や自転車でも渡ることが可能ですが
今回は時間と体力の関係で
渡るのは断念しました。

利根大堰上流側
上流側に回って
再び堤防の下に降ります。

利根大堰ゲート
ゲート近くまでやってきました。
ここから見ると迫力があります。

大堰自然の観察室入口
ここには「大堰自然の観察室」があり
魚道をのぼっていく魚の様子が見られるそうです。

大堰自然の観察室
魚道の様子が小窓から見えます。

魚道観察窓
この時期はシーズンオフで
魚はいませんでした。
しかし、魚道を流れる水の勢いは
間近で見ることができました。
かなりの勢いです。

海から150キロも泳いで
さらに上流に向かっていくなんて
魚ってすごいな~と思いました。

さて、もう少し丁寧に利根大堰の見学をしたかったのですが
時間も迫っているのでこの辺りで切り上げます。

ちなみに堤防の近くにはトイレが設置されています。
めちゃくちゃキレイというわけではないですが
不快にはならないくらいには整備されています。
ちゃんと水も流れます。

暑い中自転車をこいで汗まみれになったのですが
濡らしたタオルで体をふくと
さっぱりして若干体力も回復しました。

最後にダムカードだけは忘れてはいけません。

利根導水総合事業所
利根大堰のダムカードは
利根大堰のすぐ近く、
利根導水総合事業所で配布されています。

2階に上がって窓口っぽい所で
中の職員に声をかけて
利根大堰のチラシと一緒に
武蔵水路、利根大堰2枚のダムカードを貰いました。
ここでもとても丁寧に対応していただきました。

自販機で冷たい飲み物を補給して
かなり体力も回復しました。
レンタサイクルの返却時間まで残り40分ほど、
後はひたすら「ぷらっとぎょうだ」まで
自転車をこぐだけです。

帰り道は行きと違って
見たことのある風景なので
行きと比べてスムーズに帰ることができました。
途中で国道125号線に入り
行田市街方面にひたすら向かって
「ぷらっとぎょうだ」に到着することができました。
返却時間10分前でしたが
無事返却することができました。

秩父鉄道羽生行き
帰りは秩父鉄道で羽生に向かいました。
以前
一駅しか乗れなかった秩父鉄道に
ある程度乗れて満足です。

普通久喜行き

急行中央林間行き
羽生からは東武スカイツリーラインを乗り継いで
帰宅しました。
疲労もあってほとんど寝ていました。

今回はマンホールカード2枚、ダムカード2枚を入手して
鉄剣タローとエブリデイ行田にも寄ることができました。
うp主的にはかなり収穫がありました。

しかし、行田市には他にも
埼玉(さきたま)古墳群や
蓮の里など他にも見どころはたくさんあります。
レンタサイクルもかなり使いやすいので
興味ががある方はぜひ
行田市を訪れてみてください。

訪問日 2017 7/19

行田市レンタサイクルで武蔵水路を見てきた 2017 7/19

鉄剣タローとエブリデイ行田店で休憩してから
いよいよ武蔵水路に向かいます。

熊谷バイパスを西に向かい
県道306号線で熊谷パイパスを降りると
武蔵水路と交差します。

武蔵水路
2016年に新しくなったばかりで
ピカピカの新品です。
きれいに整備されています。

水路が2つに分かれていて
メンテナンス等で片方がつかえなくなっても
もう片方を使って水路と止めなくて済むようになっています。

水路横の遊歩道
この日はめちゃくちゃ晴れていて
チャリだと暑いです。
幸い水路の横には
遊歩道があります。
木陰が涼しそうなので
こちらを進んでいきましょう。

救助用のロープ
水路を進んでいくと所々に
浮き輪がついたロープがぶら下がっています。
これは流された人が
捕まるために設置されています。
できれはそんなことにはなりたくはないですね。

新品のゲート
ゲートもピカピカで新しいですね。

忍川分水路
大きめの分水路もあります。
こちらは忍川分水路です。
忍川が洪水になりそうな時に
ここから忍川の水を武蔵水路に入れます。

水路横の道
しばらく行くと遊歩道は終わってしまい
普通の道になってしまいました。
サンサンと日があたって
クッソ暑いですが
新しくてとても走りやすい道です。

木造のゲート
新しいゲートだけでなく
こんな木造のゲートも見ることができました。

水路の分岐
武蔵水路は大小にかかわらず
色々な水路に分岐しているみたいですね。

制水ゲート
制水ゲートも大きくて立派ですね。

武蔵水路沿いは
新しく整備されたばかりでとても走りやすいのですが
自転車だととにかく暑いです。
グーグルマップを見ながら利根大堰を目指すのですが
暑い~まだ着かないな~と思いながら
チャリを走らせていました。

鉄剣タローとエブリデイ行田店で油を売っていたのもあって
レンタサイクルの返却時間に間に合うかすら微妙になってきましたが
とにかく進むしかありません。

武蔵水路と並走する秩父鉄道
途中武蔵水路は
秩父鉄道と並走します。
行田バイパスの高架下でしばらく休憩です。
鉄剣タローで買ったペットボトルは
すっかりぬるくなっていました。
ちょうど秩父鉄道の車両が通り過ぎていきました。

星川水門
見沼公園の近く
星川水門です。
この辺りは武蔵水路、見沼代用水路、
星川が合流しているみたいですが
ごめんなさいうp主が詳しくないのと
あまりに暑かったのでよくわからないです。

見沼代用水路
これは見沼代用水路かな?

サイフォン
武蔵水路は地下をくぐっていきます。
こういった構造をサイフォンというらしいです。

荒川取水ポンプ所
近くには荒川取水ポンプ所がありました。

武蔵水路流量調整堰
武蔵水路流量調整堰が見えると
利根大堰まであと少しです。

流量調整堰の水量
今までの緩やかな流れと違い
すごい勢いで水が流れています!

武蔵水路小水力発電所
ここでは小水力発電が
行われていました。

埼玉用水路
埼玉用水路と分岐します。
埼玉用水路はなかなか大きな水路ですね。

埼玉用水路を過ぎると
堤防が見えてきます。
ゴールの利根大堰までもうすぐです。

大分水工
堤防の上から見た
大分水工です。
埼玉用水路、武蔵水路、見沼代用水路に分岐します。
かなり大規模ですね!
手前には沈砂池が設置されていて
土砂などが水路に入らないようになっています。

利根導水路須賀樋管ゲート
利根導水路須賀樋管ゲートです。
ここから利根川の水を取水しています。

熊谷バイパスから1時間ほど
暑い中チャリをこぎ続けて
やっとゴールにたどり着きました。
レンタサイクルの返却時間まで
後1時間半ほどしかないのですが
せっかくここまで来たので
ギリギリまで利根大堰を見学したいと思います。

訪問日 2017 7/19

ホリデー快速ビューやまなしで第4回ダムマニア展に行ってきた その2 2017 7/30

前回の続きです

ダムカレー模型展示2
ダムカレー模型展示1
今回のダムマニア展のメイン?の
全国ダムカレー模型展示です。

ダムカレー模型展示3

ダムカレー模型展示4

ダムカレー模型展示5

ダムカレー模型展示6

ダムカレー模型展示7

ダムカレー模型展示8

ダムカレー模型展示9

ダムカレー模型展示10

ダムカレー模型展示11

ダムカレー模型展示12

ダムカレー模型展示13

ダムカレー模型展示14

ダムカレー模型展示15

ダムカレー模型展示16
模型はリアルでおいしそうでした。
なんか見てると腹減ってきますね~。
どのダムカレーも
ダムの特徴を表現したり
地元の食材を使ったりして
とても個性的でした。

プラレールのジオラマ
プラレールのジオラマです。
まだ建築中?みたいですね。

流木の椅子
会場の外には
流木でできた椅子がありました。

最後に相模湖交流センター受付で
ダムカードを貰いました。
相模ダム70周年ということで
ノーマルカードの他に
特別キラカードも貰いました。
特別キラカードは平成29年12月28日までの配布なので
欲しい人は早めにチェックしておきましょう。

ダムマニア展の後は
もちろん相模ダムにも立ち寄りました。
あいにくの天気で
途中で雨が降ってきたりもしましたが
何とかたどり着きました。

相模湖大橋から相模ダム
相模湖大橋から見える相模ダムです。
真ん中のゲートだけ塗りなおされたようで
色が違います。

相模湖のエアレーション
相模湖では水をきれいにするための
エアレーションの様子が見えました。

相模ダム右岸側
もうちょっと近づいてみましょう。

相模ダム天端
前回は工事中で入れなかった
天端に入ることができるみたいです!
早速行ってみましょう。

ゲートと巻き上げ機
ゲートの巻き上げ機が
下流側に設置されています。
天端の上にワイヤーが見えます。

相模ダムから相模湖大橋
渡ってきた相模湖大橋です。

相模ダム下流側
下流側です。
白い建物は発電所です。

相模ダム直下
直下を見てみます。
一番左側だけコンクリートが厚くなっています。

相模ダム左岸側
左岸側に到着しました。
また雨が降ってくるとあれなので
急いで駅に帰りましょう。

相模市マンホール
帰り道の途中
現役の差は見晴らしのマンホールを
たくさん見ることができました。

中央特快東京行き
帰りは東京まで乗り換えなしの
中央特快高尾行きに乗車しました。

次回に続く

訪問日2017 7/30
プロフィール

S.D

Author:S.D
鉄道でダムカード収集をしていましたがそれに限らず道路、上下水道等
他のインフラについても取り上げます。
たまにアニメ、ゲーム、特撮系も取り扱うかもしれません。

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる