宮ケ瀬ダムに行ってきた 2回目 その2 2017 6/11

宮ケ瀬ダム観光放流を見た後は
インクラインで天端に向かいます。

宮ケ瀬ダムインクライン
観光放流の後で切符を買う列がめちゃくちゃ長かったのですが
うp主達は前もって買っておいたので
1本見送るくらいで乗ることができました。

宮ケ瀬ダム天端
天端に到着しましたが
見学はとりあえず後回しにして
水とエネルギー館内の
LAKE SIDE CAFEに向かいます。

前回来たときに食べることができなかった
ダムカレーを今度こそ食べようと思います。
日曜日の観光放流日ということもあって
混むだろうな~と思っていたのですが
予想通りすでに列になっていました。

まだ11時半前なのですが
他の人たちも観光放流見て
ダムカレー食べようと思っているのでしょう。
考えることはみんな同じようです。

でも前には5組くらいしか並んでいなかったので
しばらく待てばダムカレーにありつけそうです。

20分くらい待つと
席に案内されました。
食券方式で
席に案内されるときに食券を購入します。

他の席も満席で仕方なかったのでしょうが
6人掛けのソファー席に案内されました。
うp主達は2人だけなのに
何だかもったいないな・・・。

まあそんなこと気にしてもしょうがないので
パンフレットや撮った写真を見ながら
ダムカレーが来るのを待ちます。

宮ケ瀬ダムカレー
やっと宮ケ瀬ダムカレー(1000円)とご対面です!
ゆで野菜やベーコンが乗っていて
見た目が華やかです。
堤体も結構ガッチリしています。

宮ケ瀬ダムカレー放流
この宮ケ瀬ダムカレーには
放流ギミックがあります!
旗のついたソーセージを抜くと
ルーが放流されます!

ギミックだけでなく
味の方もおいしかったです。
ルーはただ辛いだけでなく
少しフルーティーな感じ?
ベーコンもソーセージもいいやつを使ってるみたいです。

まあうp主の味レビューはあまりあてにならないので
実際に食べてみることをお勧めします。

ダムカレーを食べ終えてカフェを出ると
行列はさらに伸びていました。
やはり早めに来て正解のようでした。

ダムカレーを食べるノルマを果たしたので
ゆっくりとダムを見学します。
もちろんダムカードもゲットしました。

宮ヶ瀬湖

宮ケ瀬ダム原石山
冬の時よりも
水位は低い感じはします。

宮ケ瀬ダム下流側
放流の時はあんなにたくさん人がいたのに
今はあまりいません。

あいかわ公園方面
山の木も青々と茂っています。

乗り場に向かってくるみやがせ21
ダム見学を終えて
遊覧船みやがせ21に乗船します。

みやがせ21前面展望
前回乗った時
イルミネーション機関の最終便ということもあって
めちゃめちゃ混んでいましたが
今回は空いていました。
一番前の席に座ることができました。

みやがせ21のりば
今回は鳥居原エリアには寄らず
宮ヶ瀬エリアに直行します。

やはり前回より水位が低いのでしょうか?
前回よりも階段が長い気がします。

水の郷大吊り橋

水の郷大吊り橋橋桁
イルミネーション装飾がない
通常時の大吊り橋です。
装飾時と比べて開放感があります。

けやき広場
通常時のけやき広場です。
イルミネーション時期と違い
簡易テントを張って
ピクニックをしている家族や
日陰で昼寝をしている人を見かけました。

わさびソフト
友人が商店街でお土産を買っている間
うp主はわさびソフトなるものを食べていました。
ちゃんとソフトクリームの味はするのですが
わさびの辛さもあります。
食えないほど辛いというわけではありませんが
普通の人にはあまりお勧めできません・・・。
食べ終わった後も
しばらくお腹の中がわさび味になっていました。

帰りのバスの中では
ほとんど寝ていました・・・。
山道を走るバスを
楽しみたかったのですが・・・。

ロマンスカーVSEとMSE
本厚木駅では
ロマンスカーが並びました。
どちらもかっこいいですね~
うp主達は青い方のMSEに乗って快適に帰りました。

いつもはうp主は一人で出かけることが多いのですが
今回は友人と一緒でした。
友人はダムには全く興味なしだったのですが
今回の宮ケ瀬ダムには満足してくれたようです。
やはり色々な観光スポットがある宮ケ瀬ダムは
ダム初心者にはお勧めです。

訪問日 2017 6/11
スポンサーサイト

宮ケ瀬ダムに行ってきた 2回目 その1 2017 6/11

今回は宮ケ瀬ダムの観光放流を見てきました。
前回はイルミネーションが開催されている
冬に来たので放流はやっていませんでした。

このブログでは宮ケ瀬ダムが登場するのは2回目ですが
実はうp主が宮ケ瀬ダム来たのはは3回目です。
今回は友人のダムデビューということで
ダム以外にもお楽しみスポットがあって
観光放流もやっている
宮ケ瀬ダムをチョイスしました。

まずは本厚木駅から半原行きのバスに乗車します。
前回は余裕で座れるくらいだったのですが
今回はダムや登山にに向かう人にプラスして
どこかの学校の行事に向かう学生も乗り込み
超満員です。
1時間に1本レベルなので
見送るわけにもいかず無理やり乗り込みました。

途中のバス停でだんだん人が減っていき
最後の方では座ることもできました。
宮ケ瀬ダム最寄りのバス停、愛川大橋バス停では
ほとんどの人が降りていました。
もちろんダムに向かう人もいましたが
他にも登山に行くと思われる集団もいました。

石小屋ダム

石小屋ダム天端

石小屋ダム下流側

石小屋ダムダム湖側

石小屋湖
まずは宮ケ瀬副ダムの石小屋ダムから。
相変わらず人が少なくて
ゆっくりと見学できます。
冬の時と比べて木が生い茂っています。

宮ケ瀬ダムと愛ちゃん号
宮ケ瀬ダムが見えてきました。
やはりと比べて人が多いです。
愛ちゃん号も満員に近いくらい乗っていました。

観光放流を見に来た人たち
観光放流を見るためダム下にやってきました。
すでにめっちゃ人がいます!
これは放流が終わった後インクライン混むだろうな~
先にインクラインの切符を購入してきました。

宮ケ瀬ダム観光放流1
もうすぐ観光放流が始まります。

宮ケ瀬ダム観光放流2宮ケ瀬ダム観光放流3

宮ケ瀬ダム観光放流4宮ケ瀬ダム観光放流5

宮ケ瀬ダム観光放流6
放流が始まりました!
おお~という声が上がり
カメラの音が一斉に鳴り出しますwww

宮ケ瀬ダム観光放流7
堤体前の橋に移動します。
この橋もダムが正面から見れるということもあって
すごい人です!
写真を撮るのも一苦労・・・。

宮ケ瀬ダム観光放流8
めちゃくちゃすごい水量です!
水が厚みを持って落ちています!

宮ケ瀬ダム観光放流9
6分間の放流も終わってしまいました・・・。
放流が終わるとどこからか拍手が起こりました。
確かに大迫力の放流でした!
ダムデビューの友人も満足してくれたようです。

案の定インクラインの切符売り場には長い列ができています。
先に切符を買っておいてよかった・・・。
うp主たちは切符売り場をスルーして
早めにインクラインに乗ることができました。

次回に続く

訪問日 2017 6/11

さった峠から由比ルートで由比漁港に行ってきた 2017 5/28

さった峠を見た後
せっかくだから漁港に行ってついでに桜えびも食べようという話になりました。

早速由比漁港を目指して峠を下っていきます。
行きの興津ルートもなかなかの酷道でした。
由比ルートもかなりの酷道ということは聞いていたのですが
帰りは由比ルートで行くか~みたいなノリで出発してしまいました。

さった峠の道(由比側)1
予想以上の狭い道がお出ましです。
ガードレールもありません。
これすれ違いできるのか・・・?

さった峠の道(由比側)2
地滑り対策か何かの工事をやっていました。

さった峠の道(由比側)3
早速バイクとすれ違いです。
まあバイクは何とか大丈夫ですが・・・

さった峠の道(由比側)4
車が来てしまいました・・・。
かなり慎重にすれ違います。
場合によってはバックして譲り合いながらのすれ違いになります。

さった峠の道(由比側)5
歩きの人も結構見かけました。
っていうか歩きの方が楽かもしれません。

さった峠の道(由比側)6
すぐ横にはみかん畑が広がっています。

さった峠の道(由比側)7
時おり海が見えます。
うp主は運転していないので景色を楽しむ余裕がありますwww

さった峠の道(由比側)8
道が狭いのもありますが
カーブもキツイです。

さった峠の道(由比側)9
由比ルートのストレート区間ですww
ストレートですが道幅が狭いのと
急勾配なのでスピードは出せませんww

さった峠の道(由比側)10
下界が見えてきました。

さった峠の道(由比側)11
やっと峠道も終わりです・・・
と思ったのですが・・・

由比宿場町1
街中も狭い道ですwww
せっかく峠から降りてきたのに~

由比宿場町2
この道も離合困難です。

くらさわや
途中にあった桜えび料理で有名な
「くらさわや」です。
昼時でたくさんの人が並んでいます。

県道396号線と合流
県道396号線と合流、
やっと酷道も終わりです。

桜えび通りのオブジェ
由比駅近くを走っていると
桜えびのオブジェがあります。

由比漁港入口
これまた狭い
東海道線のガード下をくぐると
由比漁港です。

由比漁港1
由比漁港に到着しました。

由比漁港2
すぐ近くに東名高速道路が通っています。

由比漁港3
ちょうど桜えび漁のシーズンで
たくさんの人が訪れていました。

浜のかき揚げやの行列
桜えび料理の超有名店、
浜のかき揚げやには
ディズニーも真っ青な行列ができていました!
いったい何時間かかるんだろう・・・?

うp主たちはどこか他の店を探します。
特にどこに行きたいということはなく
どっかその辺ウロウロしてれば
店があるんじゃね?といった感じです。

ブラブラしていると
小さい定食屋と向かいに食事ができる旅館を発見。
定食屋の方が値段は安いですが
客の回転は旅館の方が早そうです。

とりあえず定食屋に並んでみましたが
なかなか列は進みません。
一方旅館の方はちらほら客が出てきました。
時間の関係もあって
すこし値ははりますが
旅館で食べることにしました。

桜えびとシラスのハーフ丼
割烹旅館 西山のレストラン「開花亭」の
ハーフ丼(1200円)です。
釜揚げの桜えびとシラスが半分ずつ乗っています。
お吸い物と漬物がついて1200円だから
まあまあかな・・・?
もちろんちゃんと桜えびもシラスもたくさん乗っていて
とてもおいしかったです。

帰りに浜のかき揚げ屋を見てみましたが
あれから2時間近くたっているのに
まだ列が残っていました。
本日分終了の札が出ていたので
列は縮んでいましたが
一番後ろの人は後1時間くらいかかりそうな感じでした。

浜のかき揚げ屋に限らず
ちょうど桜えびのシーズンということもあって
桜えびが食べられる食堂は
どこも行列ができていました。
シーズン中は早めに出かけるのがいいかもしれませんね。

訪問日 2017 5/28

さった峠に行ってきた 2017 5/28

静岡県中部にあるさった峠は
東海道五十三次でも有名な
絶景スポットです。

富士山と駿河湾を同時に眺められるということで
ハイキングコースとしても人気がありますが
うp主的には東海道線、国道1号線、東名高速道路が
並走しているということの方が大事です。

18きっぷでいつか行こうかと思っていたのですが
今回は家族と一緒に
車でアクセスすることになりました。

東名高速道路清水ICから
国道1号線を東に進みます。
興津ICで国道52号線に入ります。
その後八木間元交差点を右折、橋を渡ります。

しばらく進むと東名高速道路の下をくぐります。
小さな看板が出ている交差点を右折するのですが・・・。

さった峠の道(興津側)1
ここからは住宅地の狭い道になります。
せんまい道だな~と思っていたのですが

さった峠の道(興津側)2
山道に入るとさらに道が狭くなります!

さった峠の道(興津側)3
カーブも多く、傾斜もかなりあります。
本当にこの先観光名所があるのか?といった感じですが
たまに看板は出ているので
道が間違っているかもという不安はありません。

さった峠駐車場
坂を登り切って海が見えると
すぐに駐車場に到着です。
駐車場もとても狭く
どうにか設置した感があります。

駿河湾とみかん畑
駐車場からも
みかん畑と駿河湾の絶景が見えます。

農業用モノカー
農業用のモノカーが留置されていました。
今でも使われているのでしょうか?

さった峠ハイキングコース1
ここから展望台までは
ハイキングコースを歩いていきます。

さった峠ハイキングコース2
ハイキングコースはきちんと整備されていて
とても歩きやすいです。

さった峠展望台
展望台に到着しました。
この日は天気も良く
たくさんの人が訪れていました。

さった峠展望台からの景色
これこれ!どこかで見たことある景色です!
東海道線、国道1号線、東名高速道路、
さらに駿河湾と伊豆半島も一望できるなんて
超お得ですね!
条件がよければ富士山も見えるらしいのですが
この時は残念ながらうっすらとしか見えませんでした。

ちょっと展望台からだと
松の木?が邪魔かな?

さった峠展望台下からの景色
展望台から降りてみました。
こちらだと木が邪魔になって
東海道線が上の方しか見えません。
まあこればかりは仕方ないですね。

伊豆半島
駿河湾と伊豆半島です。

東海道線と国道1号線
東海道線と国道1号線が並走しています。
ちょうど電車がやってきました。

東名高速道路
東名高速道路は海にはみ出しています。

交通の要所
日本の東西を結ぶ
まさに交通の要所です。
ここに何かあったらただでは済まないのでしょうか・・・?
実際台風などの時に
東名高速道路のこの辺りは通行止めになってしまいます。

さった峠ハイキングコース3
展望台の先も
ハイキングコースは続いています。
もうちょっと行ってみましょう。

栽培されているみかん
ハイキングコースのすぐ横には
みかん畑が広がっています。
ちゃんと袋がかけられて栽培されています。

さった峠休憩所1
休憩所が設置されていました。

休憩所1からの景色
ここからの景色もいい感じですね。

荷物用モノレール
荷物用のモノレールと思われます。
さびさびですが今は使われていないのでしょうか?

ねぎ畑
みかんだけでなく
ねぎも栽培されていました。

さった峠ハイキングコース4
まだまだ歩きます。

さった峠休憩所2
またまたベンチが設置されていました。

休憩所2からの景色
ここも見晴らしがいい絶景ポイントです。

さった峠ハイキングコース5
下り坂になりました。

さった峠ハイキングコース6
トトロの森みたいな道を抜けます。

さった峠ハイキングコース7
墓地を抜けると一般道に出ました。

とりあえずここでハイキングは終わり、
駐車場に戻りました。

この後は桜えびを食べに
由比方面に向かったのですが・・・
来た時以上の酷道が待ち受けていたのでした。

訪問日 2017 5/28

都田川ダムに行ってきた 2017 5/27

天浜線フェスタを見終わって
次はどこ行こうかという話になり、
近くにダムないかな~と調べてみました。

船明ダムは行ったことがあるので
もう少し西にある都田川ダムに行ってみることにしました。



国道363号線では途中
天浜線の線路や新東名を見ることができます。
しばらく走って県道68号線に入ると山の中の道です。
と言っても道幅はそこそこ広いので走りにくいといった事はないと思います。

県道68号線を離れると
狭い道になります。
途中には手作り風の小さな「ダム←」の看板があります。
この看板が見えたらダムの駐車場が見えてきます。

都田川ダム
都田川ダムに到着しました。
そこそこ大きなロックフィルダムです。

いなさ湖展望台
いなさ湖を一望できる展望台がありました。

いなさ湖水位計
水位を調べる目盛りでしょうか?

いなさ湖側から洪水吐
自由越流式の洪水吐です。

放流管の取水設備
洪水吐の近くには
放流管の取水設備がありました。

都田川ダム取水設備
こちらはダムの取水設備です。

都田川ダム上流側
ダム湖側から見た都田川ダムです。
季節がら草が多く生えていました。

都田川ダム天端
天端は車も通れる位の幅ですが
関係車両以外通行禁止でした。
散歩をしている人をちらほら見かけました。

いなさ湖
天端からいなさ湖です。
手前には洪水時水位を表す看板が設置されていました。

都田川ダム下流側
こちらは下流側です。
山しかありません。
県道68号線の橋が見えます。
あそこからなら堤体全体を見ることができそうです。

発電用の風車
近くの山には発電用の風車が
たくさん設置されていました。

都田川ダム管理事務所
都田川ダム管理事務所です。
この日は誰もいないようでした。

都田川ダム放流管
洪水吐とはまた別に
放流管というところから放流されています。

都田川ダム洪水吐
こちらが洪水吐です。
2段式になっているのが特徴です。
低い部分が常用洪水吐、
高い部分が非常用洪水吐になっています。

都田川ダム導流部
導流部です。
2つに分かれていて
左側は放流管用
右側は洪水吐用になっています。

一通り見たところで
一旦駐車場に戻ります。
トイレに寄ったのですが
あまりきれいではありません・・・というか汚いです・・・。
大きいクモや虫がたくさんいました。
掃除もされていないようです・・・。
ただ、水はちゃんと流れるし
一応ペーパーもありました。
できれば使いたくないですが
どうしても緊急で使う分にはまあ大丈夫でしょう。

都田川ダム脇の道
先ほど天端から見えた橋に行くために
すぐ近くの山道を歩いて下っていきます。
見ての通りとても狭いですが
たま~に車が通ります。
歩行の際には注意してください。

県道68号線
山道を下り終えると
県道68号線に出ました。
橋がすぐ近くにあります。

都田川ダム堤体
橋から見た都田川ダム堤体です。
木が茂っていて全体は見えませんね。
よく見ると植木で「みやこだ川」と書いてありました。

都田川魚道
ダムから放流された水が流れています。
横には魚道も設置されています。

都田川下流
都田川です。
下流は浜名湖につながっています。
ちなみに法律上は浜名湖は都田川の一部だそうです。

洪水吐下流側
帰りの車から撮った洪水吐の下流側です。
車の中から撮ったのでうまく撮れませんでしたが・・・。
洪水吐から放流された水は
ここで90°曲がって先ほどの魚道に流れていきます。

2017年6月現在
都田川ダムカードの配布はありません。
洪水吐や導流部の構造が特徴あるので
ぜひダムカードでそのあたりの解説をしてほしいと思います。

訪問日 2017 5/27
プロフィール

S.D

Author:S.D
鉄道でダムカード収集をしていましたがそれに限らず道路、上下水道等
他のインフラについても取り上げます。
たまにアニメ、ゲーム、特撮系も取り扱うかもしれません。

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる